キッズリミット

インターネットをし過ぎた!と感じることが大人でもあるものです。 まして、子供たちは時間を忘れてのめりこんでしまいがち。 セルフコントロールできる年になるまでは、大人が気をつけてあげたいもの。 悩んでおられる親のみなさんにぴったりのソフトがあります。 キッズリミットはインターネットの使用時間を設定することができます。 パスワードを設定できるので子供が勝手に消してしまう心配もいりません。子供を優しく見守ります。 まずは14日のお試しから! 使用方法が分かるキッズリミットマニュアルも是非ご覧ください。

おすすめする理由

身体の成長に大切な幼少期や成長期は、夜10時には必ず寝るよう勧められています。 また睡眠の前のパソコンは、脳を興奮させ深い睡眠を妨げるようです。 毎日「8時まで!」といい続けるのには、根気と体力がいります。 でもキッズリミットを使えば、少しその役割をお助けできるかも!?



さらに夜遅くまでのPC使用は、勉強にも影響があります。 朝起きるのが遅いと、授業中もぼーっとしたりうつらうつらしてしまうかもしれません。 インターネットやパソコンは、大変有用なものです。 時間のバランスを取ることは、家族や学校での時間を充実させるためにとても重要です。 子供たちが賢いユーザーとなるために、ぜひキッズリミットご利用ください。 お試しはこちらから



特色

・曜日ごとの設定
学校へ行く日とお休みの日それぞれ異なった設定が可能です。
・ソフトウェアの登録
時間制限したいソフトを自由に登録できます。登録は簡単。 ゲームソフト等も制限できます。 ソフトウェアのキャプチャーもご覧ください。

キッズリミットの使い方

それでは使い方をご紹介しましょう!とっても簡単です。 まずキッズリミットをダウンロードしてインストールします。

▼設定

設定画面で必要な設定を行います。まず、パスワードを設定します。 これは終了時、また次回からの設定変更の際に必要です。 次にインターネットブラウザを使えない時間を設定します。 使用禁止にする開始時間と終了時間を決めてください。 時間は24時間表記(PM9:00-AM7:00の場合、21:00-7:00となります)です。

▼実行

右のキャプチャーのように、禁止時間内はバツ印がでて インターネットブラウザが使えなくなります。

ソフトウェアのキャプチャー

終了にはパスワードが必要

加えて曜日設定も可能

制限したいソフトを追加できる

時間変更防止機能つき



作者のコメント

小さい頃、父が12時でネット回線が切れるように設定していました。それが身の守りになったことを思い出して、シンプルで使いやすい制限ソフト目指してつくりました。ネット自体が切れるわけではなく、インターネットブラウザの立ち上げを制限していますので、メールなどはお使いいただけます。子供だけでなく大人や、学校での使用にも適していると思います。時間を上手に使うのにお役立てください。ぜひキッズリミット使ってみてください!