• 富山県の地元実績多数のホームページ制作会社・アウェイクコンピューター
  •  お電話:076-483-9951(受付:平日10時~16時)

PostgreSQLデータベースを用いての開発(PostgreSQL PHP Generator)

 データベースのためのphpコードを作るにあたり、たいへん参考になるのは、PostgreSQL PHP Generator というWindows上で動くフリーソフトです。

 これはSQLMaestroという会社(データベース関係のソフトを開発・販売している会社)の商品群の一つです。
 
 データベースのテーブル定義を元に、テーブルを管理するためのphpコードをはきだしてくれます。PC上で稼働するので、サーバーのデータベースとODBC上でつないでやれば、問題なくPC上にphpコードを作ってくれます。一つのテーブルに対して一つのphpプログラムなので、管理もとても簡単です。(同じPostgreSQL PHP Generatorの有料版がありますが、これはちょっと難解なので、あまり初心者にはおすすめではありません)

 ウェブサーバーにphpコードを送ってやればすぐに稼働できます。何十個も管理するためのテーブルがある場合などには、たいへんスピーディーに開発できます。ただし本格的にこのコードを使う場合には、注意するべき点もありますので、以下にその幾つかを紹介しておきます。

 日本語対応は基本的になされていません。ですから、テーブル名やフィールド名に日本語を含めるのは避けたほうがよいです。
 データベースの定義でもう一つ避けたいのは、ハイフン「-」を用いることです。原因はよくわかりませんが、トラブルことがあります。テーブル名やフィールド名の区切り記号としては、アンダーバー「_」が安全です。

 ウィザードをそのまま動かすと、データの追加、変更、参照、削除の4つの基本的な機能を持つテーブルメンテナンスプログラムが出来上がります。ウィザードの中でいろいろ設定することにより、参照のみとか、参照と変更のみとか、いろいろ制限を加えたプログラムを作ることができます。

 出来上がったプログラムは英語のみなので、タイトル表示などは日本語に置き換える必要があります。

 $_SESSIONで定義されている変数受け渡しのための変数名は、はきだされたプログラムのものをそのまま使うと、複数のプログラムで運用した場合、問題が生じます。必ずシステムでユニークな変数にしなければなりません。

 はきだされたコードは入力部分がテキストの形式になっています。例えば、option select のような選択入力にしたい場合は、それなりのコードを自作する必要があります。・・・まあひとつ出来ればあとは同じようにするだけです。

 そのほか、いくつか問題点があったり、こうしたほうがよいという点もありますが、何にしても、開発効率という面では、おすすめのソフトです。