Please wait...

最新のお知らせ・ニュース


PostgreSQLデータベースのバックアップと復旧について
<公開日:2011年09月06日>

Linux系をサーバーにしていれば、これはとても簡単です。PostgreSQLには、ちゃんとバックアップ用のコマンドがあって、次のようにします。
pg_dump データベース名 | gzip > バックアップファイル名
pg_dumpはアスキー文字列を出力するので、gzipで圧縮してバックアップを圧縮ファイルとして取ります。例えば毎日バックアップを取りたいと思えば、ファイル名に日付が入るようにシェルスクリプトを作ってやれば、毎日の日付入りのバックアップファイルが取られるので安心です。実際トラブルに気がついて、そのトラブルが実は一週間前から起こっていた、なんていうことはよくあることですからね。一例として、jobdb という名前のデータベースのバックアップを日付入りのファイル名でバックアップするには、
pg_dump jobdb | gzip > db-jobdb-`date ‘+%Y-%m-%d’`.gz
としてやると、db-jobdb-2011-09-06.gz というようなファイル名のバックアップファイルが出来ます。

データベースをバックアップファイルから復旧させるには次のようにします。
データベースそのものがない場合は、データベースを作ってやります。
createdb データベース名
データベースが壊れたりしていたら、現状のデーターベースを削除し、その後新しいデータベースを作ってやります。
dropdb データベース名
createdb データベース名
あとは、次のようなコマンドを使ってデータベースを復旧してやります。
cat バックアップファイル名 | gunzip | psql データベース名
これでOKです。ね、簡単でしょう?











どんな小さな事でもまずはお気軽にご相談下さい。お見積もりはいつでも無料で承ります。

この度は数あるホームページ制作会社から、当社のサービスに関心を示して頂き、本当にありがとうございます。 きっと貴社は、信頼できる良いホームページ作成会社をお探しの事と思います。当社は、お客様に心から喜んでいただけるよう「誠実さ」「優しさ」を心がけて仕事に励んでいます。 お客さまの思い描くホームページが完成するよう、精一杯お手伝いさせて頂きますので、ホームページ作成は是非当社にお任せ下さい。

お問い合わせはこちら

富山県・地域密着だからできる安心・丁寧なホームページ作りをお約束します。
Copyright (C) 2016 Awake Computer All Rights Reserved.